ChannelK

今日を――生き残れ。

Flower

IPSec VPNクライアント設定。


VPN関連の設定もこれでたぶん終わりのはず……。

ヤマハルーターで助かるのは、各種設定情報が日本語で提供されている点。
RTユーザーメーリングリストはもう10年以上購読していますが、それ以外に設定例や技術資料も無料で公開されているのが助かります。特に設定例は各ルーターの旬なトピックの設定例がconfig付きで載っているので参考になります。

そんなわけでまずは使っているiPhoneとNexus7の設定から。……といっても設定例の通りでつながります。ホントあっけないほどに。^^;;

スマートフォン/タブレット端末との接続 « 設定例 

iPhoneの方はVPN接続後にSplashtopを起動すれば3G回線でも普通につながりました。
VPN自体はつながったものの、問題が出たのがNexu7(2012)の方。VPN接続してSplashtopを起動して……とやっている途中でNexusがリブートしてしまうという症状が。ググってみると同じ症状に悩まされている方がいるようで、どうやらAndoroid4.xとNexus7(2012)の組み合わせで起こる模様。Nexus7でも2013年モデルでは発生しないとのことですが、そのためだけに買い換えるのも……。

仕方が無いのでNexus7(2012)ではこれまで通りTeam Viewerを使って艦これを遊ぶことにします。

お次はWindows7のノートPCの方を。
ヤマハルーターとPC間のIPSec VPN接続は、メーカーのサポート対象外ですがレジストリの設定変更などを行なえば接続可能です(もちろんヤマハ的には「YMS-VPN7」というソフトを利用するのがベストなわけですが)。

レジストリの変更はプライベートIPで構成されているセグメントに接続する場合、NATトラバーサルを有効にしなければならないというもの。

Windows Vista および Windows Server 2008 で、NAT-T デバイス配下にある L2TP/IPsec サーバーを構成する方法

Vistaと書かれていますが、Win7以降でも変更が必要なのは一緒。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PolicyAgent 以下にDWORD(32ビット)値のキー「AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule」を作成し、値を「2」(規定値:0)にして再起動。

あとは新規接続でVPNの設定を行なえばいいはず……だったのですが、ここでも問題発生。ルーターへの接続までは問題無く行えるものの、ユーザー認証で跳ねられるという事態が。しばらくハマっていたのですが、ググるとちょうど解決策が。

青空: Window 7 からリモートアクセス VPN に接続できない

VPN接続時に「ドメイン\ユーザー名」でルーター側に通知が行なわれていたのでまざにビンゴでした。
というわけでドメインログオンを有効にしたうえでドメイン名は空白にして無事接続完了。

全画面でSplashtopを使っているとローカルと見間違えますね(苦笑
これで自宅外でもインターネットへの接続環境(と電源)さえあれば艦これや仕事ができそうです。

Tags: , , , ,

Comments are closed.

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE