ChannelK

今日を――生き残れ。

Flower

Posts Tagged ‘艦隊これくしょん’

IPSec VPNクライアント設定。

VPN関連の設定もこれでたぶん終わりのはず……。

ヤマハルーターで助かるのは、各種設定情報が日本語で提供されている点。
RTユーザーメーリングリストはもう10年以上購読していますが、それ以外に設定例や技術資料も無料で公開されているのが助かります。特に設定例は各ルーターの旬なトピックの設定例がconfig付きで載っているので参考になります。

そんなわけでまずは使っているiPhoneとNexus7の設定から。……といっても設定例の通りでつながります。ホントあっけないほどに。^^;;

スマートフォン/タブレット端末との接続 « 設定例 

iPhoneの方はVPN接続後にSplashtopを起動すれば3G回線でも普通につながりました。
VPN自体はつながったものの、問題が出たのがNexu7(2012)の方。VPN接続してSplashtopを起動して……とやっている途中でNexusがリブートしてしまうという症状が。ググってみると同じ症状に悩まされている方がいるようで、どうやらAndoroid4.xとNexus7(2012)の組み合わせで起こる模様。Nexus7でも2013年モデルでは発生しないとのことですが、そのためだけに買い換えるのも……。

仕方が無いのでNexus7(2012)ではこれまで通りTeam Viewerを使って艦これを遊ぶことにします。

お次はWindows7のノートPCの方を。
ヤマハルーターとPC間のIPSec VPN接続は、メーカーのサポート対象外ですがレジストリの設定変更などを行なえば接続可能です(もちろんヤマハ的には「YMS-VPN7」というソフトを利用するのがベストなわけですが)。

レジストリの変更はプライベートIPで構成されているセグメントに接続する場合、NATトラバーサルを有効にしなければならないというもの。

Windows Vista および Windows Server 2008 で、NAT-T デバイス配下にある L2TP/IPsec サーバーを構成する方法

Vistaと書かれていますが、Win7以降でも変更が必要なのは一緒。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PolicyAgent 以下にDWORD(32ビット)値のキー「AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule」を作成し、値を「2」(規定値:0)にして再起動。

あとは新規接続でVPNの設定を行なえばいいはず……だったのですが、ここでも問題発生。ルーターへの接続までは問題無く行えるものの、ユーザー認証で跳ねられるという事態が。しばらくハマっていたのですが、ググるとちょうど解決策が。

青空: Window 7 からリモートアクセス VPN に接続できない

VPN接続時に「ドメイン\ユーザー名」でルーター側に通知が行なわれていたのでまざにビンゴでした。
というわけでドメインログオンを有効にしたうえでドメイン名は空白にして無事接続完了。

全画面でSplashtopを使っているとローカルと見間違えますね(苦笑
これで自宅外でもインターネットへの接続環境(と電源)さえあれば艦これや仕事ができそうです。

RTX1100でIPSec VPN(動的IP)。

前回で物理的な接続が終わったので、引き続きルーターの設定をやっていきましょうか。

プロバイダーによっては二重接続を行えないように制限がかかっていたり、別途料金が課される場合があるので、既にPR-S300SEでインターネット接続を行なっている場合は、プロバイダへの二重接続を行なわないためにルーター設定を初期化しておく必要があります。もし万一設定が上手くいかなかったり、時間が足りずに断念した時のことを考えてルーターの設定はバックアップを取っておきましょう。それからひかり電話以外の設定を初期化できるようにボタンが用意されているので、そちらを利用するように。

prs300se_01prs300se_02

いよいよRTX1100側の設定に。コンソールケーブルで接続してTelnet経由でちまちまコマンドを打ち込んでいくのはコマンド補完があるとはいえ面倒なので、LANインターフェースのIP設定とtftpホストの設定を行なって設定を流し込むのが手っ取り早いです。ちなみにウチの場合はシリアル経由やTelnetでの接続には定番のTera term。tftpクライアントにはヤマハが配布しているRT-Tftp Clientを使っています。

今回の設定条件は以下の通り。

  1. 既存ネットワークには(戻す必要があった場合を考え)なるべく手を加えない。
  2. LAN内の一部機器は固定IPで運用する(PR-S300SE:192.168.1.1、RTX1100:192.168.1.2、PA-WG300HP:192.168.1.210)
  3. ホストPCが属するLANは動的IPでISPと接続する
  4. リモート側も動的IPのため、anonymous接続を利用する
  5. ホスト側のIPを逆引きするため、ネットボランチDNSを利用する
  6. 接続はIPSecを基本とし、万一のためにpptpも設定しておく
  7. リモート側のクライアントとしてはWindows PC(Win7)、iPhone(iOS)、Androidとする

(さらに…)

2-5 沖ノ島沖戦闘哨戒。

今日のアップデートで追加された拡張海域、2-5沖ノ島沖戦闘哨戒に挑戦してさっそくクリアしたのでメモ。


kancolle_140524_001345_01

小型・中型艦で索敵値の高い艦が必要という話だったので、第五戦隊出撃任務に必要な構成に+αでまずは艦隊を編成。空母と軽空は烈風2つずつで制空権を確保しながら空母には流星改を、軽空には流星改と彩雲という組み合わせ。戦艦を外したうえに30レベル中盤のが低レベル艦が混じっているんですが、ボス戦突入時に中破艦が1隻程度に抑えられればS勝利も取れます。

kancolle_140524_002053_01kancolle_140524_004010_01

第五戦隊出撃任務が終わったところで、那智さんの代わりに愛宕さんを入れて本格的に攻略を開始。ちなみに重/重/重/空/軽空/航巡という構成では↑のマップにあるボス前北側ので「気のせい」マスに行くことはありませんでした。

戦艦を入れない(比較的)低コストで艦隊を組んでいるせいか、大破撤退が少し多めで安定度は劣りますがバケツに目をつぶれば何とか周回もできるレベル。最後、ゲージ破壊の一撃は愛宕さんが決めてくれました。

kancolle_140524_030051_01kancolle_140524_030126_01

2-5海域をクリアしたおかげで戦果+100と勲章x1をゲット。ちなみに新たに実装された駆逐艦浦風はまだ出ていません(涙

ストックしていた勲章3個に今回の1個を追加して、設計図に交換。さっそく改二改造可能なレベルまで育ててあった利根を改造しました。既にビスマルクZwei、筑摩改二がいるので設計図が必要な改二艦はひとまずなくなりました。

kancolle_140524_031907_01kancolle_140524_032031_01

今日のアップデートで改二改造が可能になった羽黒と龍驤はまだレベルが足りないので、気長に育成していきたいと思います。

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE