ChannelK

今日を――生き残れ。

Flower

Posts Tagged ‘鼻毛鯖’

自宅ネットワーク環境整備。

さてさて、書こうと思ってなかなか書けずにいた自宅ネットワーク環境更新のお話。

これまでNTT東日本からレンタルしたONU内蔵ルーターPR-S300SEにNECの802.11a/g/b対応無線ルーターをアクセスポイントモードにしてぶら下げて使っていたのですが、半年ほど前から自宅外でノートPCで仕事をすることが多くなったり、iPhoneやNexus7からTeamViewerで自宅PCにリモートアクセスして艦これをする頻度が多くなっていました。

Team ViewerはPCやスマホ・タブレットなどプラットフォームを選ばずに使えるうえ、PC間のファイル転送モードなどを備えているなど非常に便利なのですが、(ソフトの仕組み上)どうしてもリモートPCとの画面のズレが気になっていました。またネット上でも多くの報告があるのですが、PR-S300SEに搭載されているSPI(Stateful Packet Inspection)機能にクセがあって一部のパケットを落としてしまうために一度回線を切断しないと一部のwebアプリケーションのパフォーマンスが極度に落ちるという問題も抱えていました。常に在宅で仕事をしているなら問題ないのですが、出先からリモートアクセスしているときにその回線を切断して再接続させるのはリスクがあります。

そんなわけでルーターを切り替えたいなーと前々から思っていました。どうせ使うならヤマハルーターがいいのですが、RTX810やNVR500はそれなりのお値段がします。型遅れでもいいので……と思っていたところで見つけたのがヤフオクで売られている中古のRTX1100。LANインターフェースが100BASE-TXなのが少々気になりますがフレッツ光ネクスト(下り200Mbps)とはいえそこまでのスピードは出ませんし、コマンド体系も慣れたもの。IPSecでのVPNが張れて3000~4500円程度で手に入るというのも大きい。ついでに無線LANルーターも更新することにしました。

最終的に購入したのはRTX1100(中古)とNECのPA-WG300HP、あとはLANケーブルを数本。キャンペーンが入っていたのかWG300HPは4000円を切る価格で購入できたのもお得でした。

今回のネットワーク環境整備の要点は以下の通り。

  1. フレッツ光ネクスト(動的IP)環境でL2TP、PPTPで接続可能なIPSec VPNを構築する
  2. PR-S300SEのアナログポートに電話機を接続し、ひかり電話も使用する
  3. iPhoneを内線として使うため、PR-S300SE(SIPサーバ)はRTX1100と同一セグメントに配置する
  4. PPPoE接続のほかDHCPサーバ、DNS代理応答はRTX1100が行なう
  5. 自宅LAN環境は1000BASE-Tに統一する

つまり、PPPoEはRTX1100が喋る形にしてPR-S300SEはONUとひかり電話の機能だけを利用するというものです。少々厄介だったのが3.ですが、検索すれば同じようなことを目指している方が結構いらっしゃいました。

1px未満 » ひかり電話ルータ「PR-S300NE」のハード的な裏技

自宅ネットワークを大改造ビフォアーアフターしていた – TsSoftLab? 

PR-S300SEは内部でONU部とルーター部が区切られていて、RJ-45コネクタで接続されているので、ここを分離してHUBへ。HUBからPR-S300SEのルーター部、RTX1100のWANインターフェースへそれぞれ接続。さらにRTX1100のLAN I/F(HUB)とPR-S300SEのLAN I/F(HUB)を接続して同一セグメントに。ブリッジモードにしたPA-WG300HPもRTX1100のLAN I/F(HUB)にぶら下げておきます。PCはPA-WG300HPのHUBへ接続して完成。

これでレイヤ2まで接続完了。ルーター設定などは次のエントリあたりで……。

ミドルレンジGPU、どれを選ぶ?

ここ最近懐事情が良くないのですが、メインマシンのGPUがAMD RADEON HD5770と(ナンバリングで)2世代前になり、そろそろメインマシンのグラフィックボードを入れ替えたくなってきたので候補を検討しようかと。(RADEON HD5770は、HD6770にリネームされて販売されていましたが……)
AMDでは、HD7xxx世代を今年いっぱい引っ張るようですから、今買っても半年は型遅れになることはないはずです。GeForceが選択肢に入っていないのは昔からRADEON派なためです。^^;;

で、私のGPU選択の基準としてはこんな感じ。

  1. ミドルレンジ~ミドルハイの性能で2万円前後で買えること
  2. DVI、DisplayPortを利用して(最低でも)3画面出力が可能なこと
  3. 既存のメインマシンの構成をなるべくいじらずに済むこと
  4. コスト優先であるものの、メインマシンに使うので信頼性もあること

1.に関しては、現在よりGPU性能が必要なのはPSO2くらいのものなので「それなり」に動けばいいわけです。強制空冷や液冷までしてFPSで有利にプレイしたいエンスーではありませんし。それ以外でGPUを30%以上使っているアプリケーションなんて、地デジ視聴ソフトだけですしね。
2.はだいぶ重要なポイント。19-23ワイド-19のトリプルディスプレイ環境からスペックを落としたくないというもの。一度広い画面に慣れると、もう狭い画面には戻れないのです。使っていない17インチ液晶もあるので、4画面も可能ではあるのですが、4画面を横に並べると視界に収まりきらなくなるので3画面で。
3.4.は懐事情もありますが、メインマシンの不要なダウンタイムを避けるため。

ミドル~ミドルハイのRADEON系GPUとしてはHD7770、HD7850、新製品のHD7790あたりが該当。当然のことながら売れ線の製品でもあるため、さっそく4Gamer.netやPC WatchなどWebニュース系メディアでも比較記事が色々出ています。

4Gamer.net ― 「Radeon HD 7790」レビュー。GTX 650 Tiキラーと位置づけられた新型GPU「Bonaire XT」の実力を探る

【特集】新ダイを採用したAMD「Radeon HD 7790」を試す

比較している製品と項目が上手く噛み合わなかったので比較表を自分で作ってみました。じゃん。

 RADEON HD5770RADEON HD 7750RADEON HD 7770
GHz EDITION
RADEON HD7850RADEON HD7790
製造プロセス40nm28nm28nm28nm28nm
GPUクロック850MHz800MHz1000MHz860MHz1000MHz
コンピュータパフォーマンス520G FLOPS922G FLOPS1.28T FLOPS1.76T FLOPS1.79T FLOPS
プリミティブレート11122
RADEONコア数-8101614
ストリームプロセッサ数8005126401024896
テクスチャユニット数4032326456
ROPユニット数1616163216
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5GDDR5GDDR5
メモリ容量1GB1GB1GB2GB1GB
メモリクロック1,200MHz
(4.8GHz相当)
1,125MHz
(4.5GHz相当)
1,125MHz
(4.5GHz相当)
1,200MHz
(4.8GHz相当)
1,500MHz
(6.0GHz相当)
メモリインターフェース128bit128bit128bit256bit128bit
接続インターフェースPCIe 2.1PCIe 3.0PCIe 3.0PCIe 3.0PCIe 3.0
TDP ※108W55W80W130W85W

※厳密にはTDPとは違いますが、比較上分かりやすい数値ということで

「コンピュータパフォーマンス」の部分を見ると分かりますが、HD7770で現在の約2倍、HD7850とHD7790では約3倍の性能差となっています。3年と少ししか経っていないのにね。

各モデルともに頭ひとつ抜けている部分、絞られている部分が上手くあって「コレで決まりでしょ」と言えるものはないのですが、パフォーマンスと消費電力もバランスを考えるとHD7790が選択肢として挙がりそうです。鼻毛鯖の電源は400Wなのであまり消費電力の高いグラフィックボードは積めないのですよね。

各社からHD7790搭載製品が発表されているので、4月から入荷情報を眺める日が多くなりそうです。

最近のメインマシン環境。

しばらくそのままだったのですが、年末にかけて多少構成をいじりました。
マシンを買い換えるほどの余裕はありませんでしたので……。

まずCPUをアップグレード。鼻毛鯖標準の2コア2スレッド2.8GHzのPentium G6950からLynnfield世代とはいえ、4コア8スレッド2.93GHzのCore i7 870へ。中古品がソフマップで数多く出回っていたので衝動買い的に。
PSO2でトンネル表示しているときにこれまでは80%を超えていたCPU負荷率が一気に1/4以下に下がりました。全体ではなく、コア単位でも下がっているように見えます。シリコンプロセス的には前の世代になるというのに、違うものですね。

あと、NTT-X storeの12周年記念セールで台数限定でKEIANのKTV-FSPCIEを。今までデジアナ変換されたものを古いブラウン管テレビで見ていたので、多少は変わるかなーと。まぁ、毎回見ているテレビ番組なんてほとんどないのですけれど……。
最初は付属ソフトで見ていたのですが、ウチのマルチモニタ環境ではどうも上手く表示されないので某フリーソフトを使っています。視聴するだけなら特にいじらずに使えるのでいいですね。

最後にディスプレイの配置変更など。Windows8のムックを執筆する際に1280*1024のスクウェアディスプレイでは解像度が足りなかったのでフルHDの23インチワイドディスプレイを購入していたので、19-23ワイド-19の構成に。首をほとんど振らずに全部の画面を見渡せるし、非常に良い感じです。

残るはデータドライブの増設やグラフィックボードの更新ですかね……(遠い目

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE