ChannelK

今日を――生き残れ。

Flower

Posts Tagged ‘Win8’

Windows 8 Consumer Previewを仮想マシンにインストールしてみたよ。(その1)

MicrosoftからWindows 8のβ版とでもいうべきコンシューマープレビューが公開されたので何とかして試したかったのですが、テスト用に使えて、なおかつWin8が普通に動くようなPC(&空きHDD)がなく、どーしたもんかと思っていました。実PCで動かせないなら「仮想マシン上で動かせばいいじゃん」。そういうわけでインストールしてみたら動いてしまったよ、的なエントリです。
Win8の紹介本のお仕事が来るかどうかは分かりませんが、忘れないうちに一度まとめておいた方がいいよね?

ISOイメージのダウンロードと仮想マシンのセットアップ

まずは準備から。
Microsoftの「Windows 8ページ」からISOイメージをダウンロードします(http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/iso)。ダウンロードするのは64bit版・32bit版のどちらでもいいのですが、自分のPC環境とこれから作成する仮想マシンの環境に応じて考えましょう。インストールに必要なプロダクトキーも同じページに記載されているので、エディタやメモ帳などにコピペして保存しておくといちいちサイトを開かなくて済みます。

次に仮想化マシンを動かすプログラムの準備。

私の環境はWindows 7 Professionalなので、まずはWindows Virtual PCを使ってみようと思ったのですが、仮想マシンを作ってみたところ青画面のエラーが表示されてインストールできず。64bit版のISOをマウントしたものの64bit版はサポートされていない模様。
32bit版もエラーメッセージを読めば分かりますが、“HAL INITIALIZATION FAILED”、直訳すると「HAL(Hardware Abstraction Layer)の初期化に失敗しました」と表示されてインストールできませんでした。

んでは、Windows 7の本を作る時にお世話になったVMware Playerを使ってみましょうか。
VMwareの「評価版と無償製品ダウンロード一覧」ページ(http://www.vmware.com/jp/try-vmware.html)の右カラムにある「無償製品のダウンロード」から、VMware Playerを選択。メールアドレスなどを登録した後、VMwareからのメールに記載されているurlからVMware Playerをダウンロード。インストーラーのメッセージに従ってインストールすれば問題なく終わるはずです。

仮想マシンの作成

肝心の仮想マシンを作成しましょう。この部分は仮想マシンを動かすホストOSの環境によってオプションなど読み替えてください。ホストOSが32bitの場合は管理できるメモリが最大3.6GB程度なので、ホストOS側のWindowsが使うメモリを考えるとインストールできそうなのは32bit版となります(かなりメモリがカツカツなので32bit版のホストOS上に仮想マシンを構築するのはオススメしません)。

それにしても今は仮想マシンウィザードなんてものがあって便利ですねー。
「新規仮想マシンの作成」からウィザードを起動して、Win8をインストールする仮想マシンをサクサク作っていきましょう。

  • インストール元は、先ほどダウンロードしたisoファイルを指定。インストールが終わったらVMware Playerのメニューからアンマウントしてくださいね。
  • 仮想マシン名、場所は適当なものを。仮想マシンのファイル容量は可変するので、空き容量の充分にあるHDDに、仮想マシン専用のフォルダを作っておきましょう。
  • ゲストOSの選択は、「Microsoft Windows」を選択。バージョンは……Windows 8はもちろんリストにないので「Windows 7」もしくは「Widnows 7 x64」を選択
  • ディスク容量の指定は…テスト用途に使うのならば標準のままで問題ないかと。

作成した仮想マシンの設定一覧が表示されるので、問題が無ければ「完了」を。
メモリやCPUなど、仮想マシンのハードウェアを細かくカスタマイズしたい場合には、「ハードウェアをカスタマイズ」ボタンをクリックして先へ。64bit版Windows 8をインストールするためには、2GB以上のメモリを割り当てておかないとインストールできないので注意。当然のことながら実際にPCに搭載されている以上のメモリを割り当てても意味はありません。


VMware Playerのリストに作成した仮想マシンが表示されるので、起動したい仮想マシンを選択した後、「仮想マシンの再生」を選択すれば仮想化されたPCが立ち上がります。
というわけでインストール編は次のエントリで。

You are currently browsing the ChannelK blog archives.

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE