「PC関連」カテゴリーアーカイブ

yumめなくて病む?

VPSの初期化が終わったところで初期設定を始めることにします。さっそくrootでログインして yum check-updateすると出るわ出るわ、アップデートの山が。とはいうものの、普通にアップデートをかけると……各モジュールの依存確認に延々と画面上を文字が流れた後、以下の文字が……。

Error: systemd conflicts with initscripts-9.49.17-1.el7_0.1.x86_64
 You could try using --skip-broken to work around the problem
 You could try running: rpm -Va --nofiles --nodigest

要はServersMan@VPSの仮想化プラットフォームと2015年頃にリリースされたinitscripts-9.49.24-1.el7.x86_64との相性問題があり、initscriptsに依存関係にあるモジュールは更新できないよ、と言われているわけです。–skip-brokenを付ければそれ以外のモジュールは更新できるとはいえ、公開サーバでアップデートがきちんと行われていないというのは精神衛生上よくありません。

なお、この記事を公開時点でのinitscriptsの最新バージョンは9.49.49-1でしたが、google検索で数ページ確認した限りではServersMan@VPSユーザーからの反応は見つかりませんでした。今回は初期化直後で失うデータもないので人柱になるつもりで行きましょう。

/etc/yum.confにはinitscriptsがyumの対象外になる記述されているので

#exclude=initscripts*

とコメントアウトしてしまいます。ではエイッとyum update

Apr 26 16:36:35 Updated: libgcc-4.8.5-39.el7.x86_64
Apr 26 16:36:35 Updated: centos-release-7-7.1908.0.el7.centos.x86_64
Apr 26 16:37:36 Updated: setup-2.8.71-10.el7.noarch
Apr 26 16:37:38 Updated: filesystem-3.2-25.el7.x86_64
Apr 26 16:37:38 Updated: libX11-common-1.6.7-2.el7.noarch
Apr 26 16:37:39 Updated: ncurses-base-5.9-14.20130511.el7_4.noarch
Apr 26 16:37:41 Updated: tzdata-2019c-1.el7.noarch
Apr 26 16:37:41 Updated: nss-softokn-freebl-3.44.0-8.el7_7.x86_64
Apr 26 16:38:02 Updated: glibc-common-2.17-292.el7.x86_64
Apr 26 16:38:05 Updated: glibc-2.17-292.el7.x86_64
Apr 26 16:38:05 Updated: nspr-4.21.0-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:05 Updated: nss-util-3.44.0-4.el7_7.x86_64
Apr 26 16:38:05 Updated: libstdc++-4.8.5-39.el7.x86_64
Apr 26 16:38:06 Updated: ncurses-libs-5.9-14.20130511.el7_4.x86_64
Apr 26 16:38:07 Updated: bash-4.2.46-33.el7.x86_64
Apr 26 16:38:07 Updated: pcre-8.32-17.el7.x86_64
Apr 26 16:38:08 Updated: libsepol-2.5-10.el7.x86_64
Apr 26 16:38:08 Updated: libselinux-2.5-14.1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:08 Updated: zlib-1.2.7-18.el7.x86_64
Apr 26 16:38:09 Updated: libcom_err-1.42.9-16.el7.x86_64
Apr 26 16:38:09 Updated: info-5.1-5.el7.x86_64
Apr 26 16:38:09 Updated: bzip2-libs-1.0.6-13.el7.x86_64
Apr 26 16:38:09 Updated: perl-Getopt-Long-2.40-3.el7.noarch
Apr 26 16:38:09 Updated: 4:perl-libs-5.16.3-294.el7_6.x86_64
Apr 26 16:38:10 Installed: 4:perl-Time-HiRes-1.9725-3.el7.x86_64
Apr 26 16:38:10 Updated: 4:perl-macros-5.16.3-294.el7_6.x86_64
Apr 26 16:38:10 Updated: perl-Socket-2.010-4.el7.x86_64
Apr 26 16:38:24 Updated: 4:perl-5.16.3-294.el7_6.x86_64
Apr 26 16:38:25 Updated: chkconfig-1.7.4-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:26 Updated: libdb-5.3.21-25.el7.x86_64
Apr 26 16:38:26 Updated: xz-libs-5.2.2-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:26 Updated: grep-2.20-3.el7.x86_64
Apr 26 16:38:27 Updated: libuuid-2.23.2-61.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:38:27 Updated: libtalloc-2.1.14-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:27 Updated: libattr-2.4.46-13.el7.x86_64
Apr 26 16:38:27 Updated: libacl-2.2.51-14.el7.x86_64
Apr 26 16:38:28 Updated: libcap-2.22-10.el7.x86_64
Apr 26 16:38:28 Updated: libtevent-0.9.37-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:28 Updated: readline-6.2-11.el7.x86_64
Apr 26 16:38:28 Updated: elfutils-libelf-0.176-2.el7.x86_64
Apr 26 16:38:28 Updated: libtdb-1.3.16-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:29 Updated: lua-5.1.4-15.el7.x86_64
Apr 26 16:38:29 Updated: libxml2-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64
Apr 26 16:38:30 Updated: gawk-4.0.2-4.el7_3.1.x86_64
Apr 26 16:38:30 Updated: libgcrypt-1.5.3-14.el7.x86_64
Apr 26 16:38:30 Updated: expat-2.1.0-10.el7_3.x86_64
Apr 26 16:38:31 Updated: cpio-2.11-27.el7.x86_64
Apr 26 16:38:31 Updated: diffutils-3.3-5.el7.x86_64
Apr 26 16:38:31 Updated: libffi-3.0.13-18.el7.x86_64
Apr 26 16:38:31 Updated: libcap-ng-0.7.5-4.el7.x86_64
Apr 26 16:38:32 Updated: audit-libs-2.8.5-4.el7.x86_64
Apr 26 16:38:32 Updated: libldb-1.4.2-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:32 Updated: sqlite-3.7.17-8.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:38:33 Updated: libidn-1.28-4.el7.x86_64
Apr 26 16:38:33 Updated: 1:findutils-4.5.11-6.el7.x86_64
Apr 26 16:38:33 Updated: hunspell-en-US-0.20121024-6.el7.noarch
Apr 26 16:38:34 Updated: hunspell-1.3.2-15.el7.x86_64
Apr 26 16:38:34 Updated: 1:gmp-6.0.0-15.el7.x86_64
Apr 26 16:38:34 Updated: nss-softokn-3.44.0-8.el7_7.x86_64
Apr 26 16:38:35 Updated: libsemanage-2.5-14.el7.x86_64
Apr 26 16:38:35 Updated: p11-kit-0.23.5-3.el7.x86_64
Apr 26 16:38:35 Updated: apr-1.4.8-5.el7.x86_64
Apr 26 16:38:35 Updated: xz-5.2.2-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:36 Updated: e2fsprogs-libs-1.42.9-16.el7.x86_64
Apr 26 16:38:36 Updated: file-libs-5.11-35.el7.x86_64
Apr 26 16:38:37 Updated: 2:libpng-1.5.13-7.el7_2.x86_64
Apr 26 16:38:37 Installed: lz4-1.7.5-3.el7.x86_64
Apr 26 16:38:38 Updated: lm_sensors-libs-3.4.0-8.20160601gitf9185e5.el7.x86_64
Apr 26 16:38:38 Updated: freetype-2.8-14.el7.x86_64
Apr 26 16:38:38 Updated: hunspell-en-GB-0.20121024-6.el7.noarch
Apr 26 16:38:39 Updated: 2:vim-minimal-7.4.629-6.el7.x86_64
Apr 26 16:38:39 Updated: acl-2.2.51-14.el7.x86_64
Apr 26 16:38:40 Updated: 2:tar-1.26-35.el7.x86_64
Apr 26 16:38:41 Updated: kmod-libs-20-25.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:38:41 Updated: libdb-utils-5.3.21-25.el7.x86_64
Apr 26 16:38:41 Updated: pinentry-0.8.1-17.el7.x86_64
Apr 26 16:38:42 Updated: m4-1.4.16-10.el7.x86_64
Apr 26 16:38:42 Updated: 1:make-3.82-24.el7.x86_64
Apr 26 16:38:42 Updated: libss-1.42.9-16.el7.x86_64
Apr 26 16:38:42 Updated: libselinux-utils-2.5-14.1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:42 Updated: psmisc-22.20-16.el7.x86_64
Apr 26 16:38:42 Updated: procmail-3.22-36.el7_4.1.x86_64
Apr 26 16:38:43 Updated: less-458-9.el7.x86_64
Apr 26 16:38:43 Updated: ncurses-5.9-14.20130511.el7_4.x86_64
Apr 26 16:38:43 Updated: gpm-libs-1.20.7-6.el7.x86_64
Apr 26 16:38:43 Updated: pth-2.0.7-23.el7.x86_64
Apr 26 16:38:46 Updated: 1:tcl-8.5.13-8.el7.x86_64
Apr 26 16:38:46 Updated: libjpeg-turbo-1.2.90-8.el7.x86_64
Apr 26 16:38:47 Installed: jansson-2.10-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:47 Installed: libfastjson-0.99.4-3.el7.x86_64
Apr 26 16:38:47 Updated: libtasn1-4.10-1.el7.x86_64
Apr 26 16:38:48 Updated: p11-kit-trust-0.23.5-3.el7.x86_64
Apr 26 16:38:57 Updated: ca-certificates-2019.2.32-76.el7_7.noarch
Apr 26 16:38:59 Updated: coreutils-8.22-24.el7.x86_64
Apr 26 16:39:00 Updated: krb5-libs-1.15.1-37.el7_7.2.x86_64
Apr 26 16:39:01 Updated: 1:openssl-libs-1.0.2k-19.el7.x86_64
Apr 26 16:39:01 Updated: libpwquality-1.2.3-5.el7.x86_64
Apr 26 16:39:02 Updated: pam-1.1.8-22.el7.x86_64
Apr 26 16:39:04 Updated: 2:shadow-utils-4.6-5.el7.x86_64
Apr 26 16:39:05 Updated: 1:mariadb-libs-5.5.64-1.el7.x86_64
Apr 26 16:39:05 Updated: libblkid-2.23.2-61.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:39:11 Updated: python-libs-2.7.5-86.el7.x86_64
Apr 26 16:39:11 Updated: python-2.7.5-86.el7.x86_64
Apr 26 16:39:11 Updated: libmount-2.23.2-61.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:39:14 Updated: glib2-2.56.1-5.el7.x86_64
Apr 26 16:39:14 Updated: shared-mime-info-1.8-4.el7.x86_64
Apr 26 16:39:15 Updated: 1:net-snmp-libs-5.7.2-43.el7_7.3.x86_64
Apr 26 16:39:15 Updated: cyrus-sasl-lib-2.1.26-23.el7.x86_64
Apr 26 16:39:15 Updated: gzip-1.5-10.el7.x86_64
Apr 26 16:39:15 Updated: 1:openssl-1.0.2k-19.el7.x86_64
Apr 26 16:39:16 Updated: pytalloc-2.1.14-1.el7.x86_64
Apr 26 16:39:16 Updated: perl-DBD-MySQL-4.023-6.el7.x86_64
Apr 26 16:39:16 Updated: libssh2-1.8.0-3.el7.x86_64
Apr 26 16:39:16 Updated: fipscheck-lib-1.4.1-6.el7.x86_64
Apr 26 16:39:16 Updated: fipscheck-1.4.1-6.el7.x86_64
Apr 26 16:39:16 Updated: httpd-tools-2.4.6-90.el7.centos.x86_64
Apr 26 16:39:16 Updated: libtirpc-0.2.4-0.16.el7.x86_64
Apr 26 16:39:20 Updated: centos-logos-70.0.6-3.el7.centos.noarch
Apr 26 16:39:20 Updated: logrotate-3.8.6-17.el7.x86_64
Apr 26 16:39:20 Installed: nss-pem-1.0.3-7.el7.x86_64
Apr 26 16:39:20 Updated: nss-sysinit-3.44.0-7.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:20 Updated: nss-3.44.0-7.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:21 Updated: nss-tools-3.44.0-7.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:21 Updated: libcurl-7.29.0-54.el7_7.2.x86_64
Apr 26 16:39:21 Updated: curl-7.29.0-54.el7_7.2.x86_64
Apr 26 16:39:22 Updated: rpm-libs-4.11.3-40.el7.x86_64
Apr 26 16:39:22 Updated: rpm-4.11.3-40.el7.x86_64
Apr 26 16:39:24 Updated: openldap-2.4.44-21.el7_6.x86_64
Apr 26 16:39:25 Updated: php-common-5.4.16-46.1.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:25 Updated: libuser-0.60-9.el7.x86_64
Apr 26 16:39:25 Updated: passwd-0.79-5.el7.x86_64
Apr 26 16:39:28 Updated: php-cli-5.4.16-46.1.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:28 Updated: php-pdo-5.4.16-46.1.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:30 Updated: gnupg2-2.0.22-5.el7_5.x86_64
Apr 26 16:39:30 Updated: rpm-build-libs-4.11.3-40.el7.x86_64
Apr 26 16:39:30 Updated: rpm-python-4.11.3-40.el7.x86_64
Apr 26 16:39:31 Updated: 1:net-snmp-agent-libs-5.7.2-43.el7_7.3.x86_64
Apr 26 16:39:31 Updated: python-pycurl-7.19.0-19.el7.x86_64
Apr 26 16:39:31 Updated: python-urlgrabber-3.10-9.el7.noarch
Apr 26 16:39:31 Updated: yum-plugin-fastestmirror-1.1.31-52.el7.noarch
Apr 26 16:39:32 Updated: yum-3.4.3-163.el7.centos.noarch
Apr 26 16:39:36 Updated: binutils-2.27-41.base.el7_7.3.x86_64
Apr 26 16:39:37 Installed: lzo-2.06-8.el7.x86_64
Apr 26 16:39:37 Installed: libarchive-3.1.2-14.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:37 Updated: libaio-0.3.109-13.el7.x86_64
Apr 26 16:39:37 Updated: 14:libpcap-1.5.3-11.el7.x86_64
Apr 26 16:39:37 Installed: 1:hardlink-1.0-19.el7.x86_64
Apr 26 16:39:38 Updated: finger-0.17-52.el7.x86_64
Apr 26 16:39:38 Installed: libsmartcols-2.23.2-61.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:39:40 Updated: util-linux-2.23.2-61.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:39:40 Updated: procps-ng-3.3.10-26.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:39:40 Installed: kpartx-0.4.9-127.el7.x86_64
Apr 26 16:39:40 Updated: 7:device-mapper-1.02.158-2.el7_7.2.x86_64
Apr 26 16:39:41 Installed: dracut-033-564.el7.x86_64
Apr 26 16:39:41 Updated: kmod-20-25.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:39:41 Updated: 7:device-mapper-libs-1.02.158-2.el7_7.2.x86_64
Apr 26 16:39:42 Updated: cryptsetup-libs-2.0.3-5.el7.x86_64
Apr 26 16:39:42 Updated: elfutils-libs-0.176-2.el7.x86_64
Apr 26 16:39:42 Updated: systemd-libs-219-67.el7_7.4.x86_64
Apr 26 16:39:42 Updated: 1:dbus-libs-1.10.24-13.el7_6.x86_64
Apr 26 16:39:49 Updated: systemd-219-67.el7_7.4.x86_64
Apr 26 16:39:50 Updated: 1:dbus-1.10.24-13.el7_6.x86_64
Apr 26 16:39:50 Installed: elfutils-default-yama-scope-0.176-2.el7.noarch
Apr 26 16:39:50 Updated: samba-common-4.9.1-10.el7_7.noarch
Apr 26 16:39:50 Updated: systemd-sysv-219-67.el7_7.4.x86_64
Apr 26 16:39:50 Updated: avahi-libs-0.6.31-19.el7.x86_64
Apr 26 16:39:53 Updated: httpd-2.4.6-90.el7.centos.x86_64
Apr 26 16:39:53 Updated: openssh-7.4p1-21.el7.x86_64
Apr 26 16:39:53 Updated: 1:cups-libs-1.6.3-40.el7.x86_64
Apr 26 16:39:53 Updated: libwbclient-4.9.1-10.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:57 Installed: samba-client-libs-4.9.1-10.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:57 Installed: samba-common-libs-4.9.1-10.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:57 Updated: samba-libs-4.9.1-10.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:57 Installed: samba-common-tools-4.9.1-10.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:57 Updated: libsmbclient-4.9.1-10.el7_7.x86_64
Apr 26 16:39:59 Updated: rpcbind-0.2.0-48.el7.x86_64
Apr 26 16:39:59 Updated: cronie-noanacron-1.4.11-23.el7.x86_64
Apr 26 16:39:59 Updated: cronie-1.4.11-23.el7.x86_64
Apr 26 16:40:07 Updated: 1:mariadb-5.5.64-1.el7.x86_64
Apr 26 16:40:07 Updated: iputils-20160308-10.el7.x86_64
Apr 26 16:40:08 Updated: policycoreutils-2.5-33.el7.x86_64
Apr 26 16:40:08 Updated: hostname-3.13-3.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:40:08 Updated: libnetfilter_conntrack-1.0.6-1.el7_3.x86_64
Apr 26 16:40:09 Updated: iptables-1.4.21-33.el7.x86_64
Apr 26 16:40:10 Updated: iproute-4.11.0-25.el7_7.2.x86_64
Apr 26 16:40:11 Updated: initscripts-9.49.47-1.el7.x86_64
Apr 26 16:40:11 Updated: cyrus-sasl-2.1.26-23.el7.x86_64
Apr 26 16:41:12 Updated: sendmail-8.14.7-5.el7.x86_64
Apr 26 16:41:13 Updated: libxcb-1.13-1.el7.x86_64
Apr 26 16:41:13 Updated: libX11-1.6.7-2.el7.x86_64
Apr 26 16:41:13 Updated: libXpm-3.5.12-1.el7.x86_64
Apr 26 16:41:13 Updated: 1:quota-nls-4.01-19.el7.noarch
Apr 26 16:41:13 Updated: 2:vim-filesystem-7.4.629-6.el7.x86_64
Apr 26 16:41:14 Updated: libgcc-4.8.5-39.el7.i686
Apr 26 16:41:19 Updated: 2:vim-common-7.4.629-6.el7.x86_64
Apr 26 16:41:19 Updated: 2:vim-enhanced-7.4.629-6.el7.x86_64
Apr 26 16:41:19 Updated: 1:quota-4.01-19.el7.x86_64
Apr 26 16:41:20 Updated: php-gd-5.4.16-46.1.el7_7.x86_64
Apr 26 16:41:20 Updated: sendmail-cf-8.14.7-5.el7.noarch
Apr 26 16:41:20 Updated: avahi-0.6.31-19.el7.x86_64
Apr 26 16:41:21 Updated: 2:xinetd-2.3.15-13.el7.x86_64
Apr 26 16:41:21 Updated: 1:net-snmp-5.7.2-43.el7_7.3.x86_64
Apr 26 16:41:21 Updated: iptables-services-1.4.21-33.el7.x86_64
Apr 26 16:41:21 Updated: authconfig-6.2.8-30.el7.x86_64
Apr 26 16:41:30 Updated: 1:mariadb-server-5.5.64-1.el7.x86_64
Apr 26 16:41:30 Updated: samba-client-4.9.1-10.el7_7.x86_64
Apr 26 16:41:31 Updated: samba-4.9.1-10.el7_7.x86_64
Apr 26 16:41:31 Updated: openssh-server-7.4p1-21.el7.x86_64
Apr 26 16:41:32 Updated: openssh-clients-7.4p1-21.el7.x86_64
Apr 26 16:41:32 Updated: 1:mod_ssl-2.4.6-90.el7.centos.x86_64
Apr 26 16:41:33 Updated: php-5.4.16-46.1.el7_7.x86_64
Apr 26 16:41:33 Updated: finger-server-0.17-52.el7.x86_64
Apr 26 16:41:33 Updated: rsync-3.1.2-6.el7_6.1.x86_64
Apr 26 16:41:34 Updated: nscd-2.17-292.el7.x86_64
Apr 26 16:41:34 Updated: rsyslog-8.24.0-41.el7_7.4.x86_64
Apr 26 16:41:34 Updated: elfutils-0.176-2.el7.x86_64
Apr 26 16:41:35 Updated: usermode-1.111-6.el7.x86_64
Apr 26 16:41:35 Updated: 14:tcpdump-4.9.2-4.el7_7.1.x86_64
Apr 26 16:41:35 Updated: php-mysql-5.4.16-46.1.el7_7.x86_64
Apr 26 16:41:35 Updated: php-mbstring-5.4.16-46.1.el7_7.x86_64
Apr 26 16:41:35 Updated: php-xml-5.4.16-46.1.el7_7.x86_64
Apr 26 16:41:36 Updated: sudo-1.8.23-4.el7_7.2.x86_64
Apr 26 16:41:36 Updated: postgresql-libs-9.2.24-2.el7_7.x86_64
Apr 26 16:41:36 Updated: mailx-12.5-19.el7.x86_64
Apr 26 16:41:37 Updated: man-db-2.6.3-11.el7.x86_64
Apr 26 16:41:37 Updated: 1:net-snmp-utils-5.7.2-43.el7_7.3.x86_64
Apr 26 16:41:38 Updated: e2fsprogs-1.42.9-16.el7.x86_64
Apr 26 16:41:38 Updated: screen-4.1.0-0.25.20120314git3c2946.el7.x86_64
Apr 26 16:41:38 Updated: mlocate-0.26-8.el7.x86_64
Apr 26 16:41:39 Updated: stunnel-4.56-6.el7.x86_64
Apr 26 16:41:39 Updated: wget-1.14-18.el7_6.1.x86_64
Apr 26 16:41:39 Updated: tcsh-6.18.01-15.el7.x86_64
Apr 26 16:41:39 Updated: expect-5.45-14.el7_1.x86_64
Apr 26 16:41:40 Updated: tmpwatch-2.11-6.el7.x86_64
Apr 26 16:41:40 Updated: hunspell-en-0.20121024-6.el7.noarch
Apr 26 16:41:40 Updated: ftp-0.17-67.el7.x86_64
Apr 26 16:41:40 Updated: attr-2.4.46-13.el7.x86_64
Apr 26 16:41:40 Updated: perl-DB_File-1.830-6.el7.x86_64
Apr 26 16:41:40 Updated: ntsysv-1.7.4-1.el7.x86_64
Apr 26 16:41:40 Updated: 1:perl-Pod-Escapes-1.04-294.el7_6.noarch
Apr 26 16:41:40 Updated: perl-Test-Harness-3.28-3.el7.noarch
Apr 26 16:41:40 Updated: 3:perl-version-0.99.07-3.el7.x86_64
Apr 26 16:41:40 Updated: unzip-6.0-20.el7.x86_64
Apr 26 16:41:41 Updated: bzip2-1.0.6-13.el7.x86_64
Apr 26 16:41:41 Updated: lsof-4.87-6.el7.x86_64
Apr 26 16:41:41 Updated: vzdummy-systemd-el7-1.0-5.noarch
Apr 26 16:41:41 Updated: 3:traceroute-2.0.22-2.el7.x86_64
Apr 26 16:41:41 Updated: 1:telnet-0.17-64.el7.x86_64
Apr 26 16:41:41 Updated: 2:ethtool-4.8-10.el7.x86_64
Apr 26 16:41:44 Updated: glibc-2.17-292.el7.i686
Apr 26 16:41:44 Updated: nss-softokn-freebl-3.44.0-8.el7_7.i686
Apr 26 16:41:44 Updated: zlib-1.2.7-18.el7.i686
Apr 26 16:41:44 Updated: libcom_err-1.42.9-16.el7.i686
Apr 26 16:41:45 Updated: libuuid-2.23.2-61.el7_7.1.i686
Apr 26 16:41:45 Installed: libblkid-2.23.2-61.el7_7.1.i686
Apr 26 16:41:45 Installed: libsepol-2.5-10.el7.i686
Apr 26 16:41:46 Updated: libstdc++-4.8.5-39.el7.i686
Apr 26 16:41:46 Updated: pcre-8.32-17.el7.i686
Apr 26 16:41:46 Updated: libselinux-2.5-14.1.el7.i686
Apr 26 16:41:47 Installed: 1:openssl-libs-1.0.2k-19.el7.i686
Apr 26 16:41:48 Updated: krb5-libs-1.15.1-37.el7_7.2.i686
Apr 26 16:41:48 Installed: libmount-2.23.2-61.el7_7.1.i686
Apr 26 16:41:48 Updated: libffi-3.0.13-18.el7.i686
Apr 26 16:41:49 Updated: glib2-2.56.1-5.el7.i686
Apr 26 16:41:50 Updated: openssl098e-0.9.8e-29.el7.centos.3.i686
Apr 26 16:41:50 Updated: xz-libs-5.2.2-1.el7.i686

だばーっと更新が行われて気分が良くなりました。

更新後、VPSの再起動なども行ないましたが問題なくコンソール接続できています。

とにもかくにもまずは初期化

他社のVPSサービスってコントロールパネルにアクセスして初期設定やら色々できるんですけれど、ServersMan VPSのコントロールパネルって設定可能な項目はほとんどないんですよ。

VPSコントロールパネル?
コントロールパネルへのアクセスはMy DTIから。設定できる項目……というかステイタス確認以外はVPSのオン/オフとドメイン管理くらいしかできません。

今までのWordPress環境がログインパスワードの入力ミスでロックアウトされてしまってからログインできなくなって放置していたこと、Win7サポート終了に伴ってメインマシンの更新を行なったことから今回は容赦なく初期化します。

エントリープランの契約なのでシンプルセットかblogセットのどちらかなのです。

今回はblogセットを選んだので初期化してすぐにApacheやMySQL、WordPressが使えるスナップショットが適用されます。「サーバの初期化」を押して数分すればApacheのテストページも表示されるし、WordPressの初期設定画面も表示されるようになります。

ただし、スナップショットのメンテナンスがきちんと行なわれていないと初期設定で色々やらないといけなくなるわけです。

Channel K リブート!

ここ最近の新型コロナウイルス騒動で仕事が自宅待機となったため、久しぶりにVPSの火を入れていろいろ触ってみました。

……とはいうものの、このblogをサービスしているServersMan VPSを契約したのはなんと10年前の2010年4月。サービス開始時の利用可能OSはCentOS 5(32bit)でWordpressやMySQLのインストールもネットの海をクロールしつつ自力で何とかした記憶があります。

契約開始日は2010年4月!
契約開始日に注目。DTIの長期利用者にはエントリープランが“格安”で提供されました。

当時はRoot権限のあるVPSということでかなり話題になったのですが、パフォーマンスが競合他社のサービスと比較するとイマイチだとか痒いところに手が届かないだとか、CentOS7のパッケージでinitscriptsをアップデートするとVPSにアクセスできなくなるだとか色々問題点があり、ユーザーが離れていきました。

CentOS7 yum update 後、VPSサーバーにアクセスができなくなった

そんなServersMan VPSですが色々やってみたら何とかなったので時間を縫ってチマチマと書いていきたいと思います。

Nexus7でPSO2es cβに申し込んでみる。

昨日、東京ビックサイトで行われたファンタシースター感謝祭2013 東京会場でついにAndroid OS上で動くPSO2esのクローズドβの案内が行われましたねー。対象となるAndroid OSは2.3(Gingerbread)以上と、アクションありのゲームにしてはかなりプログラマの負担も大きかったことと思います。

昨年のTGSでプレイアブル展示されていた、PC版に近い感覚でプレイできるテスト版とは全く違うUIになっていたのが非常に気になりますが……^^;;

で、さっそくPSO2esのクローズドβに申し込もうとNexus7でQRコードを読んだわけですが、標準ブラウザのchromeで開けるページはPCで開けるページと同じもの。このままでは申し込みできないと、慌てて色々試してみました。最終的には無事申し込みができたので、その手順をご紹介。

※ただし、Nexus7などのタブレット端末はPSO2esの推奨機種に含まれていないので、PSO2esのクローズドβが開始されても正常にプレイできない可能性があります。その点ご注意を。

まず確認したのが、ブラウザがwebサーバに通知するユーザーエージェント。
Nexus7の場合、標準ブラウザはchromeなので、OS:Android Linux 4/Browser:chrome 27と表示されます。Flash PlayerをNexus7にインストールするために使ったFirefoxも標準ではタブレット端末のユーザーエージェントを返すため、目的のページは表示されません。

ならばということで、検索してみたらありました。私がインストールしたのは「Phony」というFirefox用プラグインでユーザーエージェントをスマホ版、タブレット版と切り替えられるもの。chrome用の拡張機能でもユーザーエージェントを切り替えられるものは複数あるので、それでも同様のことができるかもしれません(未確認)

プラグインをインストール後、スマホ版にユーザーエージェントを切り替えて再度クローズドβの申し込みページを表示させると、目的のページが無事表示されました!

Nexus7でPSO2es cβに申し込み!
「利用規約に同意する」にチェックを入れて、参加ボタンを押すとSEGA ID入力画面が表示されるので、すでに登録済みのSEGA IDを入力すればOK。うまく表示されない場合は、ブラウザのタスクを一度殺して再立ち上げするなど試してみてください。

あとはNexus7で無事PSO2esが動けばいいのですが……。

Wordfenceのインストールと機能について。

前回のエントリで触れたWordpressのセキュリティプラグイン「Wordfence」は相変わらず重宝しています。ダッシュボード上でチェックが簡単にできる点がいいですね。アクセス解析の「New StatPress」と共にほぼ毎日確認しています。

※WordfenceプラグインはWordpress上のセキュリティチェックのみを行なうプラグインです。鯖OS、Apache、My SQL、PHPなどのセキュリティチェックは行なわないのでご注意を。

で、日本語でこのプラグインについてきちんと説明しているところがないので導入から設定画面までを簡単に紹介しようかと。

Wordfenceのインストール

ダッシュボードにログイン後、[プラグイン]→[新規追加]とたどったら、検索フォームに「Wordfence」と入力。

Wordfenceプラグインを検索

検索一覧に「Wordfence Security」が表示されているので、「いますぐインストール」をクリック。ダッシュボードからのプラグイン追加を許可してあれば、インストールはこれだけで終わり。^^;;
オプションを確認したらプラグイン一覧で「有効化」しておきましょう。

プラグインを有効化しておくこと

引き続き、設定などの各種画面について

Scan

WordPressモジュールやテーマ、プラグインが不正に改変されていないかの確認ができます。何はともあれ左上にある青い「Start a Wordfence Scan」ボタンをクリック。スキャンの際にWordfenceのサーバ(69.46.36.0~69.46.36.32)と通信を行なうので、ガチガチにiptablesを設定している場合には通すようにしておきましょう。

Scanはボタンひとつ

しばらくScan SummaryとScan Detailed Activityにチェック項目と進捗状況が表示された後、問題があればその下の「New Issues」タブに問題点が表示されます。インストールされているプラグインの中にバージョンの古いものがあれば通知してくれたりもしますが、重宝するのがテーマやプラグインの改変チェック。
もし、オリジナルから改変されていることが確認されればファイル毎に警告が表示されます。選択肢は「リポジトリから復元」「無視」「解決法を確認」の3つ。

wordpress.org上で配布されているテーマやプラグインをカスタマイズしている場合には、ここで改変されている旨のメッセージが表示されます。ここでカスタマイズしたファイルの復元を選んでしまうとカスタマイズが水の泡になるのでご注意を。
また、一度無視した項目については「Ignored Issues」タブに格納されるので確認しておきましょう。

Live traffic

Wordfenceで私が一番便利だなと思っている項目がここ。アクセス元のIPアドレスを元にDNS逆引きして国別表示をしてくれたり、ユーザーエージェントを判別してユーザーかクローラーかを判別したりしてくれます。

LiveTraffic

中でも「Pages not found」と「Logins and Logouts」タブは要チェック。1日も放置しておけば、存在しないはずの投稿者(author)やカテゴリ、タブを延々とリクエストしてくるIPが表示されていると思います。見えなかった不正アクセスが見えるようになると、今までどれだけノーガードだったのか怖くなると思います。

Blocked IPs

読んで文字のごとし。ブロックしたIPアドレスやロックアウトされたIPアドレスが表示されます。デフォルトでは一定時間後にブロックは解除されますが、永続的にブロックし続けることも可能です。もちろん手動でブロック解除することも。ブロックされる前に何ヒットしたか、ブロック後に何ヒットしたかも表示されるので、ブロックを解除する目安にするのもいいでしょう。
ブロック/ロックアウトの有効期間はオプションで設定可能です。

IP個別のブロックも可能

Country Blocking

有償機能。DNS逆引きを用いてアクセス元の国別(トップレベルドメイン)判定を行い、該当すればブロックするというものです。国別にチェックボックスが設けられているので、ポチポチとチェックするだけでOK。

Scan Schedule

有償機能。これも文字通りの機能で、曜日ごとに1時間刻みでスキャンスケジュールの設定ができます。

Whois Lookup

これもそのまま。わざわざコンソールを立ち上げなくて済むので助かります。

Advanced Blocking

単一IPアドレスのブロックを行なうのではない場合はこちらを。IPアドレスの範囲を指定してブロックしたり、特定のユーザーエージェントをブロック可能です。

AdvancedBlocking

オプション設定は項目がかなり多いので、また後日のエントリで。

不正アクセス対策。

先日、ServersMan@VPSのスペックアップが終わってから、メモリに余裕ができたのでwordpressのセキュリティを再点検しています。これまでも必要最低限の対策はしてきていたつもりだったのですが、より管理・対策が楽なソリューションを探していたら、こんなプラグインを見つけました。

「Wordfence」
オフィシャルサイトwordpress.org内プラグインページ

wordpressにプラグインとして追加できるセキュリティ関連のモジュールで、以下の機能を持っています。

  • ウイルスやマルウェア、トロイの木馬などに感染したコア、テーマ、プラグインファイルを修復
  • 感染したファイルのリストアップや修復手順の提供
  • 投稿したエントリーやコメント、プラグインのリアルタイムスキャン
  • クローラーやbotとユーザーアクセスの区別
  • DNSの逆引きやトラフィックの詳細情報の提供

最初の機能は、インストールされて実際に動いているコアやテーマ、プラグインとリポジトリ上にあるデータの比較を行なって改変が行なわれていればそれを通知、クリック1つでオリジナルファイルに戻せるという機能です。独自にphpをいじったり、カスタマイズしている場合には使えなかったり、使うと先祖返りしてしまったりするので注意が必要ですが、そのまま使っている場合には安心できます。
3つ目までの機能はボタン1つで確認ができ、その後もマウスでクリックするだけで済みます。

4つ目以降は、ダッシュボード上で「リアルタイム」にアクセス状況を確認できる点がメリット。最新のアクセス状況のモニタリング機能だけで、フィルタを使ってログを抽出したりはできませんが、必要充分の機能だと思います。IPアドレスからDNSを逆引きして国名・都市名まで表示してくれます。

リアルタイム監視のためにサーバのメモリを10M~18MBほど食いますが、これらの機能だけなら無料で使用できるという点が大きい。さらに、年間18ドルほど払ってProのライセンスを取得すれば、国別のアクセス制限をかけることもできたりします。

しばらく前からLast Referrerにロシアのurlが残っていることが多くて気になっていたのですが、wordefenceを利用すると、うちの場合はとにかくadminなどの管理ユーザーをターゲットとした総当たりの不正アクセスが多いことが分かりました。詳細データは取っていないのですが、多いときは1時間に50回以上。ロックアウトされたIPアドレスは300件遡ってもその日のものでした(汗)

これら「存在しない管理ユーザー」を即時ロックアウトするのも、wordefenceならば設定を開いてチェックボックスにチェックを入れるだけ。ボットネットからの不正アクセスはIPアドレスをいちいち拒否していてはキリがないのでこういう場合非常に助かります。もちろん手動でのアクセスブロックも可能なので、特に目に付いたIPアドレスをブロックリストに放り込むことも可能です。

文字ばかりになりましたが、2年以上更新されていないLogin Lock Downプラグインを今さら導入するよりもよっぽど安心できると思います。機能も多いしね。

惜しむらくはメッセージが日本語化されていないことですが、それほど難しい英語ではないので読んでいけば何となく理解できると思います。

VPSスペックアップ完了。

先日4月2日にサービス開始から3周年を記念してメモリやHDDの容量をスペックアップすると発表していたServersMan@VPSですが、申し込みからちょうど1ヶ月後の5月2日にスペックアップ作業が行なわれました。

VPS_Before

作業が行なわれる前日夜にメールで連絡が来ましたが、幸いIPアドレスなどの変更はなかったのでスペックアップ作業が終わるのを待つだけで終了。

VPS_After

HDD容量とメモリ以外はどうなったの? と思い、確認してみましたがCPUはXenon L5520(2ソケット8コア16スレッド)のまま変わらず。物理的なサーバは変わっていないのですから当然ですね。^^;;

今回のスペックアップで嬉しかったのは、何と言ってもメモリ容量のアップ。ApacheにMy SQLに……と動かしていると保証メモリの512MBなんてあっという間に使い切ってしまいますから。また、保証メモリのスペックアップと同時に最大メモリも1GBから2GBへとこちらもスペックアップ。

# free
             total       used        free     shared     buffers    cached
Mem:       2097152     550472     1546680          0           0         0
-/+ buffers/cache:     550472     1546680
Swap:            0          0           0

これだけ余裕が出来れば他にも色々動かせそうです。

RADEON HD7790購入検討用メモ。

各メーカーから発表されているRADEON HD7790搭載グラフィックスボードを個人的にまとめたエントリ。とりあえず秋葉原のパーツショップで入手できそうなメーカーのものを一通りチェックしてみました。発売からある程度時間が経ったり、私が購入した場合にはこのエントリのメンテナンスはされなくなります。念のため。

SAPPHIRE HD7790 1G GDDR5 PCI-E DL-DVI-I+DL-DVI-D / HDMI / DP (SAHD779-1GD5001)

メーカーページ代理店ページ

各レビュー記事で取り上げられていたカード。リファレンスだけにハズレはない?
型番がやたら長くて分かりづらいのはいつも通り……。

SAPPHIRE HD7790 1GB GDDR5 DUAL-X OC

メーカーページ/代理店ページ)

SAPPHIREのOCモデル(コアクロック1000MHz→1075MHz、メモリクロック6GHz→6.4GHz)。メモリは1GBながら冷却ファンは2基。

SAPPHIRE HD7790 2GB GDDR5 OC

メーカーページ/代理店ページ)

コアクロック(1000MHz→1050MHz)、メモリクロック(6.0GHz→6.4GHz)のOCモデル。さらに最大メモリを2GBに。冷却ファンは1基のみだが、バックプレートに接続されたヒートパイプなどで高い冷却効率を確保している。

ASUS Radeon HD 7790 DirectCU II OC (HD7790-DC2OC-1GD5)

メーカーページ代理店ページ
コアクロック(1000MHz→1075MHz)、メモリクロック(6.0GHz→6.4GHz)のOCモデル。2基の80mmファンによってリファレンスカードよりも20%(7度)低い温度で動作する点がウリ。
オーバークロックモデルの中でも価格は高く、初値\19,800~\26,800と他モデルより頭ひとつ抜けた価格設定がされています。これなら7850や7870搭載カードを選んだ方が良いんじゃ……。

GIGABYTE GV-R779OC-1GD

メーカーページ代理店ページ
コアクロック(1000MHz→1075MHz)のOCモデル。GIGABYTEお得意のUltra Durable 2による高信頼性がウリ。冷却ファンは1基。
コアクロックも高く、シンプルなデザインながらコストパフォーマンス的にはベストじゃないでしょうか?

GIGABYTE GV-R779OC-2GD

メーカーページ代理店ページ
コアクロック(1000MHz→1075MHz)のOCモデル。GV-R779OC-1GDとは搭載メモリ(1GB→2GB)と冷却ファンの数(1基→2基)が大きな違い。
7790のデータシートでは最大メモリ容量が1GBになっているんですが、2GB搭載している点が目を惹きます。

 MSI R7790 ARMOR 1G OC

(メーカーページ/代理店ページ
コアクロック(1000MHz→1050MHz)のOCモデル。MSI独自ファン「アーマーファン」を搭載。100mmファン1基ながら20%の風量増加(従来モデル比)、高負荷時でも28.6dbと静音性が高いのがポイント。

HIS HIS 7790 iCooler 1GB GDDR5 PCI-E DP/2XDVI/HDMI (H779F1GD)

メーカーページ/代理店ページ)
OCなしのモデル。HIS独自クーラー「iCooler」を搭載。MSIと同じく高負荷時でも28db以下の静音性をアピールしている。代理店は恵安扱い?

玄人志向 RH7790-E1GHD

メーカーページ
コアクロック(1000MHz→1030MHz)のOCモデル。ZalmanのGPUクーラーVFシリーズを思わせるクーラーを搭載したモデル。他社と違って整流用のカバーは無し。

 Club 3D Radeon HD 7790 GHz Edition (CGAX-779213)

メーカーページ
コアクロック(1000MHz→1030MHz)のOCモデル。玄人志向のそっくりさんというかOEM元その1?
UEFI対応を謳うカード。Windows8ユーザーなら選択肢に入るんでしょうか。

Tul PowerColor HD7790 1GB GDDR5 OC (AX7790 1GBD5-DH/OC)

メーカーページ /代理店ページ)
コアクロック(1000MHz→1030MHz)のOCモデル。玄人志向のそっくりさんというかOEM元その2? PowerColorの代理店だったCFD販売は3月31日付けで代理店契約を終了しているのですよね。
新しい代理店はアユート(旧エムヴィケー)だそうで。

Tul PowerColor TurboDuo HD7790 1GB GDDR5 OC (AX7790 1GBD5-TDH/OC)

メーカーページ代理店ページ
コアクロック(1000MHz→1075MHz)のOCモデル。搭載メモリは1GBのままながら冷却ファンは2基に増えている。

VTX3D VTX3D HD7790 1GB GDDR5 (VX7790 1GBD5-DHX)

メーカーページ/代理店ページ)
コアクロック(1000MHz→1030MHz)のOCモデル。玄人志向のそっくりさんというかOEM元その3?
このカードもUEFI対応を謳っています。

HISのモデルが予価\15,980という話なので、OC版・独自クーラー搭載モデルでも2万円程度に収まるのではないかなーと期待しています。

4月10日追記:

4月5日から秋葉原ではさっそく販売が始まりましたね。週末8日あたりからネット通販でも購入できるようになりました。
量販店で販売されることが多い玄人志向の製品でも\15,480程度で購入できるようです。GIGABYTEの1GBモデルでも\16,480みたいですね。個人的にはGIGABYTEの2GBモデルを狙いたいところ。

VPSアップデート申し込み。

このblogサイトは、DTIが提供しているVPS(仮想専用サーバ)サービスServersMan@VPSを利用しているのですが、サービス開始3周年記念ということでVPSスペックアップのアナウンスがされたのでさっそく申し込んでみました。

ワンコインから利用できる仮想専用サーバーサービス
「ServersMan@VPS」が過去最大のメジャーバージョンアップ
490円/メモリ1GB/ディスク50GBが“新”Entryプランとして登場!

既存ユーザーもMy DTIからスペックアップの「アクティベート」をすれば、お値段据え置きでアップデートの恩恵を受けられるのが嬉しいですね。
ただし、既存ユーザーのスペックアップ作業は最大2ヶ月待つ可能性があるとのこと。

ServermanVPS

DTIの長期契約者割引のおかげでEntryプランが月105円で利用できているわけで、今回のアップデートでディスク容量が50GBに増え、さらに使い勝手が良くなりそうです。blogだけで使うにはディスク容量がもったいないですけれど(苦笑
ただ、VPSとしてバリバリ使い倒しているユーザーからは他社サービスと比較して問題点も多く出されているわけで、その辺がどうなるのかという心配はあります。

ホントに強化緩和?

ほぼ2週間おきに何らかのアップデートをしているPSO2ですが、今回は☆10レアの取引解禁など多くの仕様変更とアップデートなどの仕様追加が行なわれました。中でもプレイヤーの間で期待されていたのが、武器やユニット強化リスクの緩和です。あと1歩で+10というところで強化失敗(-3)というケースは凹むだけに、どのくらい緩和されるかとゲーム内だけでなく、2chのスレ上でもずっと話題になっていました。

具体的には以下の内容です。

レアリティ★7以上の武器の強化リスクを調整

レアリティ★7以上の武器を強化する際の強化リスクについて、以下の調整を行います。
・レアリティ★7~9の場合、「強化リスク-3」が発生しないように変更。
・レアリティ★10の場合、「+0~+7」を強化する際は「強化リスク-3」が発生しないように変更。また、「+8~+9」を強化する際の強化リスク発生確率を緩和。

どんな感じかということで、倉庫整理を兼ねて☆8レアと☆9レアについて強化を試してみました。
今回は強化リスクが緩和されているかどうかのチェックなので、強化成功率+5%や強化リスク減少(-1)などの補助アイテムは使用せず、グラインダーのみ連打でやっています。さすがに☆10レアで補助アイテム無しは厳しいので許してください。^^;;
これはあくまでサンプルのひとつです。
私なんかよりもっと運のいい人はたくさんいると思いますし……。

まずは☆8レアから。H時代は最強だったものの、現在ではすっかりハズレレアとなってしまった「スパルダイオン」をチョイス。ドロップ時の初期値が+2だったので、+2→+3からの試行となっていますが、44回と私にとっては珍しい回数で+10達成。

[table id=7 /]

これはもしや……ということで☆9レアでも試してみることにしました。
ラムダ付きの武器が先行して実装されたために、実装された時点から産廃レアとして認識されていたツインダガー「レグザガ」を強化してみます。ドロップするエネミー、プレディカーダの攻撃はザコ敵なのにかなり痛いんですけれどねー。

[table id=9 /]

はい、いつもの私です。^^;;
☆9レアとはいえ、試行回数217回とは☆10レア並みのハマり方です。今回、面白いと思ったのは+6→+7以上の試行で強化失敗(マイナス)を引く偏りが見られたこと。

参考までに、強化リスク緩和前の強化データを見てみましょうか。
同じ☆9レアのツインダガー「ラムダレグザガ」(強化期間:2012/12/13~2013/01/30)を。

[table id=8 /]

んー、成功確率に目立った違いは見られませんね。
サンプル数が少なすぎるのでこれだけ見て判断するのは危険ですが、-3を引く確率を0にしてその代わり-1や-2を引く確率を調整したという感じでしょうか。強化リスクは緩和されても強化成功率は変わっていないというオチのようです。

☆9レアの強化成功率は、+0→+2までは100%成功、+2→+3は80%程度、+4→+5、+5→+6は50%前後、+6→+7は45%ほど、+8→+9は25~30%程度、+9→+10は20%程度といった感じでしょうか。☆10レアの場合より若干成功率高めではありますが、泥沼にハマった時が怖いのは変わりません。