絶対進化革命前夜?

相変わらず間が空いてる日記ですが(汗)
10月末に壊舎で徹夜をしながら、ついカッとなってポチってしまいました。KOOLANCEのKIT-XB360。いわゆる箱○用の水冷キットです。いわゆると言うか、まんまですが。^^;;
秋葉原でもこの手の水冷キットは、高速電脳やUSER’S SIDEの店舗販売が無くなったせいもあって手に入りにくくなってるんですよね。オリオスペックでも扱いないみたいだし。ネット上で見つけられるところも在庫はなく、しかも高い。

ということで、日本円での換算がWebサイト上でできるということでそのまま一気にポチってしまったわけです。「$85.99」の表示に釣られて。もちろんそれだけで終わらず、国際便のために送料$47.02かかったりするのですが。
……とはいうものの、国内のショップ(しかも通販)で取り寄せるよりも5000円近く安く入手できた計算になります。
11月1日未明(日本時間)にオーダーして、到着したのは11月6日午前。UPSの貨物トラッキングシステムで荷物の位置が12時間ごとに更新されるので、通販で購入して「通常納期2週間です」とか言われるよりよっぽど安心してられました。
というわけで、じゃん。

続きはまた後ほど。

10/26秋葉原にて。

ここ1ヶ月ほど土曜の朝~昼頃に帰ってきて、そのまま寝込み、日曜日には時差に苦しんでるきりかでふ。(要は金曜徹夜して、土曜朝の始発が動き出してから帰ってきてるわけですが(死))
そんなわけで、久々に買い物のために秋葉原へ。ライブの時に秋葉原に寄ったのはあくまで待ち合わせだったのですよ。^^;;
一通り週末にしなければならない家の用事を済ませた後、秋葉原に降り立ったのは16時。
電気街口では、麻生総理が街頭演説をするというので黒山の人だかりでしたが、きりかP華麗にスルー(苦笑)

この時間まで朝飯&昼飯を食べていないので……というか、土曜日におにぎり2個食べたっきりだったので、まずは栄養補給にとんかつ富貴へ。ちなみに、入ったとたんに「○○さん、お久しぶり~(○○は実名)」と声をかけられるくらいの顔なじみのお店だったりします。^^;;
「牡蠣あるわよー、牡蠣でいいわね?」と。いや、もちろん入る前からーダーしようと思ってましたが……。ということでそのまま牡蠣フライをオーダー。
さすがに不況の影響かそれとも酷暑の影響か、去年に比べるとちょっと小さめだったような気もしますが、それでも冷食や総菜屋さんの牡蠣フライとは比べるまでもない大きさで満足。
雑談をしつつ、閉店の時間になったのでお愛想。お値段据え置きの1,000-也。

腹ごしらえが済んだところで、ざっくりとパーツ類の値段を確認。RADEON HD4850とか、AMD 790GX+SB750マザーとか欲しいんだけれどねー。今はガマン……いつまでガマンしなきゃいけないことやら(涙)
メモリも下がってるので、RAMディスクのために16GB実装したら素敵だなーと妄想してみたり。

……というわけで、2、3店見たところで肝心のぽかいもの。今日は月末発売タイトルの予約引き取りが主目的なのですから。^^;;
と言うわけで、以下を購入。

上の3本は予約分。キス恋は雑誌記事でも購入を迷っていたのだけれど、けも様が「きりかさんは買わないのー?」と言っていたこともあって、最終的に購入。
だって矢絣+袴だし。(←それが理由か)^^;;

……睡眠時間ギリギリまで削っても平日は1時間割ければいい方(もれなく寝落ちが付いてくる状態)なので、積みゲータワーはいつになったら無くなることやら(遠い目)

さらに、追加予約も。

  • 11/20 「恋する乙女と守護の楯 -The shield of AIGIS- 恋のテレジアBOX(初回限定版)」 アルケミスト
  • 11/28 「オトメスマイル」 あてゅわぁくす
  • 01/22 「THE IDOLM@STER SP ワンダリングスター」 バンダイナムコゲームス
  • 01/22 「THE IDOLM@STER SP パーフェクトサン」 バンダイナムコゲームス
  • 01/22 「THE IDOLM@STER SP ミッシングムーン」 バンダイナムコゲームス

「Scarlett PS2版」は、予約しようと思っていて結局予約し忘れ。……というか、ねこねこの方じゃなくて角川のページを見に行ったら………
何なの、このいまじんマジカルパック特典の美月さんの破壊力はっ!!!
インターネット通販では取り扱いないというので、最寄りの店舗を見てみたら……東武東上線沿線の大山店が一番近いらしい……(汗)
さすがに予約は締め切ってるはずですが、当日販売分はあったりするのかなぁ……。
当日に地図で買えばいいやー、と今の今まで思ってましたが、この瞬間ちょっと変わったかも。^^;;

    EXTRA -HYPER GAME MUSIC EVENT 2008-

    なんか日記じゃなくて月記になってしまっていて申し訳ない。
    相変わらずバタバタしてるので、どーしよーもない状況になってます(涙)

    というわけで行ってきました、EXTRA -HYPER GAME MUSIC EVENT 2008-。
    今回のイベントはアイマスに限らず、ファミコン黄金期~アーケード世代の人間にとっては、神様たちの演奏を直接見て、聴けるというもの凄い機会だったわけですが。^^;;
    「グラディウスの嫌いなシューターなんていませんっ!」とは友人の言。
    セガ、コナミ、ナムコ、タイトーの往年の名作を聴けるというだけでも、(というか、アイマス以外だけでも)チケットの価値は十分あります。

    最初は、トリオ・ザ・DS-10(佐野信義×光田康典×岡宮道生 from THE BLACK MAGES) featuring only KORG DS-10。
    キーボードも何も無し。ステージにはニンテンドーDSが6台だけ、という状況から生み出される音楽の奥深いこと。お馴染みのフレーズが乗りながらのノンストップMEGA MIXって感じ。その上、アドリブでどんどん音載せていくし。^^;;

    続いて、BETTA FLASH。
    THUNDERFORCE VIから始まってPS2版ナイトウィザードのテーマソング「6th body」やレイシリーズメドレーなどなど。
    最後にはサインボールを投げてくれたり。お陰様で1個いただきました。

    さらに、古代祐三×日比野則彦。いや、ホントに神様です。
    世界樹の迷宮から2曲、アクトレイザーで1曲。バイオリンにアコギ、ピアノ(さすがにデジタルピアノでしたが……)と、この手のイベントとは思えない編成。
    3曲終わったところで古代さん退場。日比野さんはタクトをテナーサックスに持ち替えての演奏となりました。
    確かここで1回目の休憩だったはず。(←この時点でかなり体力消耗)
    EXTRA BLOGでは、

    今回のライブは2回の15分休憩があります。また、休憩中でもお楽しみいただけるよう、新人女性アーティストの生ギター演奏などもご用意いたしました。

    と書かれているのですが、この方もすごかった。アコギ1本で、休憩中で座り始めていた人たちを立たせて乗せちゃうくらいに。

    第2部のトップバッターは、めがてん師匠。
    最初から最後までハイテンションで飛んでました。^^;;
    というか、ここで飛ばずにどーしろと(どーしよー)

    そして、ナムコの次はコナミ! 古川もとあき with VOYAGERなのです。
    すごかった。力強いドラムが印象に残ってます。知っている曲ばかりというのもあって、すごくノリやすかった。^^;;

    そして、KPLECRAFTとquad(luvtrax)の8bitセッション。
    イントロが、バブルメモリ版のグラディウスってどんだけー(笑)
    プロジェクタにお馴染み「上上下下左右左右 B A START」コマンドが映し出されていくと、そのたびにコールが入ったり。
    原曲のフレーズを生かしてどんどん展開していく&ぐいぐい引っ張っていく、あの展開はさすが。プロジェクタにタイトルが映し出されるより早く、イントロのフレーズで分かるのは「ふつー」ですよね? ^^;;
    休憩2度目……のはずが、オトメディウスCMとかアイマスSP TGS版デモムービーが流れて休憩らしい休憩にならなかったような……。

    第3部はH.(from SEGA)。スタートからスペースハリアーですよ?
    ギターソロでガンガン前に出てきてくれて、盛り上がること盛り上がること。驚くべきは今回のドラム担当が12歳(!)。

    そして、Hip Tanaka.ex。
    ニンテンドーサウンドということだったのですが、このトランスは私には重すぎ。^^;;

    そしてお待ちかねアイマスガールズ。今までひたすら手拍子だった人たちが一斉にサイリュームを手に(笑)
    いや、もちろん私もすかさず用意しましたが。^^;;
    今回はスタンディングでもかなりいいポジションを取れたので、もの凄く満足。場所はと言うと、下手側バミの真っ正面(舞台端から10mくらい?)なので、もうテンション上がりまくり。^^;;
    あっという間の4時間(厳密には4時間30分)でした。

    時間が……

    激しく足らない状況が続いてますです。
    結局、8/27のアニメロサマーライブのレポート……というか感想も書けてないし、9/28のRadio for You!公開録音のこととか、10/13のEXTRA – HYPER GAME MUSIC EVENT 2008のこととか……
    (結局、全部アイマス関連か……^^;;)
    まぁ、あとはぽかいもの関連とか。

    珍しくzoomeの方も更新できない状況なので、どーしたもんだか……(最近のぽしごとについては、時期的に微妙なのでもうちょっとしてから)

    ……何よりバナーをいじりたかったんですけどね。^^;;
    それにしても最近のバナーは大きいなぁ……(遠い目)
    これだけデカいとどーやって配置すればいいのやら……

    届いたよ Acer Asipre One

    買っちゃいました。Acer Asipre One。
    面白げなノートというよりは、これまで使っていた(というかまだ使っている)DynaBook SS S5の後継機として。さすがにMobile PentiumIII 800MHzでは最近の江口ゲをプレイするのは厳しいのです。かといって、軽いものばっかり動かしていると積まれた山が崩せないし……(デスクトップはエンコード中の時間がほとんどなのですよー

    MSI WindとAspire Oneどちらがいいか迷いつつ、藤堂 章さんがMSI Windを買っていじり回しているblogエントリを横目で見つつ、ヒンジ部分が心配というケモノ様の言葉に心揺らぎつつ、とはいえKuuya氏のEee PC(初代)を改造したおすのも楽しいよ~光線にグラグラしつつ、外装とキーボードレイアウトを確認してポチり。

    届いて何に驚いたかっていうと、外箱の小ささ。
    地図から送られてきた箱自体もDVDトールケースが30本強入るくらいの大きさの箱だったわけですが、開けてみると(当たり前のことだけれど)緩衝材入り。
    マトリョーシカよろしく、緩衝材を除けるとそこには……また段ボール(ぉ)。
    まぁ、輸送時の化粧箱保護用段ボールなんですが。最終的な化粧箱の大きさはと言えば……ミドルレンジグラフィックボードの箱をちょっと厚くしたくらい? どう考えても今日届いた他の荷物より小さいです。本当にありがとうございました、的なサイズです。^^;;

    ここ最近のぽかいもの。

    絶賛修羅場中ですが現実逃避(ぉ
    というか、修羅場だから急に掃除がしたくなったり、ご飯が作りたくなったりするとも言う……^^;;

    そんなわけで、べ、別にmixiの

    最近は更新がありません
    日記でマイミクシィに近況報告!

    って書かれて久しい「あなたの更新履歴」のせいってわけじゃないんだからねっ(←書いてから自己嫌悪ちぅ)
    まぁ、今日は通販のお届け物が大量に届いたので。^^;;

    久々に確認したら

    半年前にニコ動にアップしたMADに久々にコメントがついていました。
    ……しかも新作のリクエストの。

    初MADとしてアップして、次作もないまま半年放置しているにもかかわらず、リクエスト希望のコメントを頂けるというのはもの凄くありがたいことです。
    とはいうものの、ここ最近ニコ動にアップされるアイマスMADのクオリティの高さに驚いたり、底辺PスレでもAEがごく当たり前のことのように話されるようになったりするのを目にして、もう素材Pでもいいかなーなどと思ったりもしていたわけですが……。^^;;

    オリジナルステージを捏造したり、全編切り抜きで全く違う作品に仕上げたり、エフェクトバリバリの動画を作ったりといったことは私に出来ることではありませんが、ひっそりと底辺の片隅で何かやろうと思います。

    動画はダンス部分の仮組を9割方終わらせていたものの一部分。
    shiny smile発売前で制服シリーズがカレッジしかなくて放置していたらこの時期(汗)
    今からいじるんだったらBメロのダンスを入れ替えないとね……。

    今回の美希移籍の件に関して

    今週(そう、まだ今週なのだよね)のライブ直後の大騒ぎがようやく静まってきたのと、あの騒ぎの中でこのことを書いたらどーなるか分からないこともあったので、今このエントリを。

    正直なところ、スレでの大騒ぎの状況を(あまりにも流れが速すぎて)読み飛ばしながら「何ウチの美希disってんの!?」という思いに囚われていたわけですが、ライブに実際に行けた人と、速報だけ聞いて騒いだ住人たちとの間に、「既得情報」という大きな差があったんだと思います。

    残念なことに、(美希移籍のニュースの前の)肝心の箇所を伝えてくれたメディアは私の把握している限りでは、インプレスのGAME Watchの記事だけでした。
    多分、この部分がうまく伝わらなかったために今回の騒ぎになったんだと思うのです。

    美希「プロデューサーには、ずっと美希だけを見てもらいたいから、
    みんなと一緒じゃ、イヤッ! 押してダメなら引いてみなってヤツなの!」

    金髪美希のベストエンド(ドーム成功)を見ていれば、今回のPSP版での↑の台詞はすんなり受け入れられることでしょう。
    だって、本当の美希はものすごく一途で、ものすごく寂しがり屋なのですから。

    ランクCコミュの「ある日の風景6」で美希の胸の内に芽生えた想いがどうなっていくかは、実際にプレイして確かめてもらうとして、問題は誰の入れ知恵があったのか、そして美希の電撃移籍にPはどう対応していくか、でしょう。

    個人的には、逆「アイドルマスターrelations」的な展開を期待したいところです。

    美希「千早さん、プロデューサーさんを賭けて勝負なのっ」
    千早「私の歌は勝負のための道具ではないわ。
    でも貴女がそれを望むというのなら……」

    とまぁ、15本ほどバッチエンコードに突っ込んだら明日の昼前まで何も出来なくなったのでダラダラと書いてみたわけですが……^^;;

    結論:だってこんなに可愛い美希が悪役になるわけないじゃん(←最後の最後で台無し)

    萌えがないと生きていけない人のblog

    Top