ChannelK

今日を――生き残れ。

Flower

Archive for the ‘PC関連’ Category

SkypeとWindows Updateの罠。

先月もハマった事だったのですが、今月もハマって回答にたどり着くまでに時間がかかったので備忘録的にメモしておきます。SkypeのトラブルとしてはFAQものなのですが、表示されるエラーメッセージでは原因が絞りきれず投げ出したくなるくらい面倒です。

状況としては以下の通り。
ちなみに環境はWindows7 Professional(x64)。Windows XPからの優待アップグレードパッケージでアップグレードした鼻毛鯖です。

  1. 特別な操作はしていないはずなのに、ある日Skypeが自動起動しなくなっている。
  2. 手動で起動しようとするが、スタートメニューのプログラム一覧からSkypeが消えている。
  3. インストールフォルダも消滅。さらにインストールされたプログラム一覧からも消えている。
  4. 仕方なくSkypeを再インストールしようとすると「Skypeエラー:コード 1603」が表示され、インストールができないというもの。

skype

この状況のFAQとして一般的なのが、Skypeが「完全に」アンインストールされていることを確認し、必要であればMSが提供しているFix itツールを適用した後に再度Skypeをインストールするというもの。もちろん、今回のケースでそれを行なっても状況は変わりません。
それ以外にFAQ的なものだと、「sfc /scannow」と「dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」を使ってWindowsパッケージが壊れていないか確認し、壊れていたら修復するとかでしょうか。もちろん状況は変わりませんでしたが……。

というわけでここからが本題。
Skypeに限らず、このエラーコード1603というのはAdobe製品やウイルスバスターのサポートページを見ても載っているくらいにメジャーなエラーで、Windowsインストーラーの一部が壊れていることが原因で起こることが多いものです。そのための解決法が上のものなのですが。

結論から言ってしまうと、インストールが途中で失敗するのは8月12日に配布が開始されたWindows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2918614)が原因でした。

[MS14-049] Windows Installer サービス用のセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 8 月 12 日)

Windows 7 用セキュリティ更新プログラム (KB2918614)

8月にWindows Updateで配信されたときに不具合があるという他のKB(ナレッジベース)と一緒にアンインストールしたのですが、MSの「重要なアップデート」のためにWindows Updateで再び自動インストールされてしまうので注意が必要です(もちろん不具合が出なければアンインストールする必要はないのでしょうが……)。この不具合は広くは告知されてはいないものの、一部メーカーによってアナウンスされています。

マイクロソフトのセキュリティ更新プログラム KB2918614 が原因でインストール / アップグレードが失敗する

もし同様の症状が出ている場合には、一度該当する更新プログラムをアンインストールした後にアップデートを「非表示」にすればOKです。

KB2918614

今回のSkype消失事件はSkypeのアップデート(自動)とこのKB2918614が組み合わさって起こったもので、本来ならばSkype旧バージョンの削除→新バージョンのインストールと進行するはずのアップデートプロセスが、Skypeのインストールに失敗したため削除されたままになってしまったわけです。

 追記:

同様の症状で困られている方がSkypeコミュニティにいたのでKB2918614が原因の場合の解決手順をPostしておきました。

Skypeがインストールできません、エラー1603表示、前のはレジストリも含めて完全に削除ずみ – Skype Community

今更ながらX220を買いました。

表題の通りではあるのですがノートパソコンを買いました。中古ではあるのですがSandy世代のi5搭載モデル、ThinkPad X220ハイパフォーマンスパッケージ(4286-CTO)ってモデルです。

これまでもらい物のX61sで色々やっていたのですが、さすがに出先でIPSec VPNで接続して色々やるにはパフォーマンスに不満が出てきたのもありますが、何より夏のこの時期に(艦これをバックグラウンドで動かしながら仕事をするとか)CPUに高負荷をかけているとパームレストが熱くなって仕方がない! そんなわけで購入に至ったわけであります。電気店などにほとんど行けないような出先で

なぜ今頃X220かといえばX200ではCPUやチップセットに不満があり、X230ではキーボードや懐の都合の問題で購入対象外となりました。webで情報を漁っていると自分なりにカスタマイズしている方もいるようなので、お金に余裕ができたらmSATA SSDや本体HDDのSSD化などもやってみますかねぇ。

IPSec VPNクライアント設定。

VPN関連の設定もこれでたぶん終わりのはず……。

ヤマハルーターで助かるのは、各種設定情報が日本語で提供されている点。
RTユーザーメーリングリストはもう10年以上購読していますが、それ以外に設定例や技術資料も無料で公開されているのが助かります。特に設定例は各ルーターの旬なトピックの設定例がconfig付きで載っているので参考になります。

そんなわけでまずは使っているiPhoneとNexus7の設定から。……といっても設定例の通りでつながります。ホントあっけないほどに。^^;;

スマートフォン/タブレット端末との接続 « 設定例 

iPhoneの方はVPN接続後にSplashtopを起動すれば3G回線でも普通につながりました。
VPN自体はつながったものの、問題が出たのがNexu7(2012)の方。VPN接続してSplashtopを起動して……とやっている途中でNexusがリブートしてしまうという症状が。ググってみると同じ症状に悩まされている方がいるようで、どうやらAndoroid4.xとNexus7(2012)の組み合わせで起こる模様。Nexus7でも2013年モデルでは発生しないとのことですが、そのためだけに買い換えるのも……。

仕方が無いのでNexus7(2012)ではこれまで通りTeam Viewerを使って艦これを遊ぶことにします。

お次はWindows7のノートPCの方を。
ヤマハルーターとPC間のIPSec VPN接続は、メーカーのサポート対象外ですがレジストリの設定変更などを行なえば接続可能です(もちろんヤマハ的には「YMS-VPN7」というソフトを利用するのがベストなわけですが)。

レジストリの変更はプライベートIPで構成されているセグメントに接続する場合、NATトラバーサルを有効にしなければならないというもの。

Windows Vista および Windows Server 2008 で、NAT-T デバイス配下にある L2TP/IPsec サーバーを構成する方法

Vistaと書かれていますが、Win7以降でも変更が必要なのは一緒。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PolicyAgent 以下にDWORD(32ビット)値のキー「AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule」を作成し、値を「2」(規定値:0)にして再起動。

あとは新規接続でVPNの設定を行なえばいいはず……だったのですが、ここでも問題発生。ルーターへの接続までは問題無く行えるものの、ユーザー認証で跳ねられるという事態が。しばらくハマっていたのですが、ググるとちょうど解決策が。

青空: Window 7 からリモートアクセス VPN に接続できない

VPN接続時に「ドメイン\ユーザー名」でルーター側に通知が行なわれていたのでまざにビンゴでした。
というわけでドメインログオンを有効にしたうえでドメイン名は空白にして無事接続完了。

全画面でSplashtopを使っているとローカルと見間違えますね(苦笑
これで自宅外でもインターネットへの接続環境(と電源)さえあれば艦これや仕事ができそうです。

You are currently browsing the archives for the PC関連 category.

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE